家では立ちション?座りション? もはや「男らしさ」がモテない時代になった【カリスマ男の娘・大島薫】

家では立ちション?座りション? もはや「男らしさ」がモテない時代になった【カリスマ男の娘・大島薫】

写真集『大島薫に例のアレを着せてみた』より

見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

 「男らしい」というのは最近流行らなくなってきたなと思う。

 10月13日に写真集を発売することになった。つい先日までその撮影に追われていたのだが、なんだろう……カメラの前でポージングをする自分をふと冷静になって客観的に見てみると、不思議な気分になる。

 例えば、まったくの一般人が突然カメラを向けられて、「はい、ポーズして」と言われてモデルのように振る舞うことができるだろうか? せいぜい“ピース”くらいが関の山だろう。おそらく自分も初めてカメラの前に立ったときはそうだったに違いない。

 ボクが初めて仕事として写真を撮られたのは、18歳のころに出演したゲイビデオだ。ゲイビデオは男性が好きな男性に向けたビデオなので、当然ボクもその当時は男性の姿をしていた。

 初めての撮影で見様見真似でポーズをとる。こんなの素人同然の状態からすると、キメ顔をするだけでも結構恥ずかしい。

 するとカメラマンがこう言った。

「シャッターが一回鳴るごとにほんの少しずつ顔の角度を変えてみて」

 なるほど。そういうものか、とフラッシュが光るたびに表情や顔の向きを変えてみる。

 だんだん慣れてきて、1枚ごとにポーズも変えられる余裕が出てきた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)