日経新聞の「世界の自動車産業EV化まっしぐら報道」に喝! マツダのスカイアクティブX試作車の可能性【清水草一】

日経新聞の「世界の自動車産業EV化まっしぐら報道」に喝! マツダのスカイアクティブX試作車の可能性【清水草一】

日経新聞の「世界の自動車産業EV化まっしぐら報道」に喝! マツダのスカイアクティブX試作車の可能性【清水草一】の画像

 日経新聞は連日のように「世界の自動車産業は電動化に向けてまっしぐら」みたいな記事を載せきまくり、まもなくガソリン車やディーゼル車はこの世から消滅するかのような雰囲気だが、ちょっと考えてみてくれ。

 あなたは次の自家用車として、EV(電気自動車)を考えてますか?

「はい」と答える人は、最大でも3割だろう。なぜなら、自宅に充電設備を設置できるのは、持ち家一戸建て(車庫付き)のにお住いの方だけで、その割合が3割くらいだからだ。賃貸や、持ち家でもマンション住まいの方には、そもそもEVという選択肢はない。

 英仏は、2040年までにガソリン車やディーゼル車の国内販売を禁止する方針を打ち出したが、非現実的だ。もちろん電動化は徐々に進むでしょうが、ガソリン車やディーゼル車にもまだまだ改良の余地はあり、少なくとも火力発電で作った電気を充電するEVとなら、エネルギー効率やCO2排出量で、いい勝負が続けられるはずなのだ。

 なかでもガソリン車やディーゼル車の将来性に対して、最も前向きに考えている自動車メーカーが、マツダだろう。

 マツダが誇る独自のエンジン技術といえば、スカイアクティブD(ディーゼル)が代表だが、実はディーゼル乗用車が売れている大きな市場は欧州だけ。北米や中国ではサッパリだ。世界の自動車業界は、まだまだガソリン車を中心に回っている。

 そこで、というわけでもないが、このたびマツダは独自のガソリンエンジン技術の試作車を公開した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)