約1年で160万円も値上がり!2017年値上がり腕時計ランキング・ベスト5(ステンレス編)

約1年で160万円も値上がり!2017年値上がり腕時計ランキング・ベスト5(ステンレス編)

腕時計1年で160万円値上りも

約1年で160万円も値上がり!2017年値上がり腕時計ランキング・ベスト5(ステンレス編)

第1位 パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A 生産期間:2006年〜現在

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。2017年は数多くの腕時計が値上がりした年で、今でも多くの腕時計が目を離した隙に値上がりしているぐらいです。凄いモデルでは1か月単位で10万円ずつ値上がりしていくというようなモノまで存在。元の相場を知っている人が「高くなった」と思っていても、その時点よりさらに50万円高くなっても不思議ではないのが腕時計の世界です。ということで今回は、約1年の間に高くなった腕時計をランキング形式でご紹介。すべて中古価格での比較を対象とした比較です。

■第5位 ロレックスGMTマスター2 16710 約1年で20万円上昇中!

 文字盤周囲を覆う“青と赤”のベゼルが特徴的なGMTマスター2は、この数年間世界中で人気が高く、じわじわと値上がり状態です。現行モデルだった時代は、特に注目されることも無かったこの時計。日本でロレックスブームが起きている最中でも、青赤ベゼルの色が「嫌だ」という理由により不人気モデルという扱いでした。当時は新品で33万円程度で売られていましたが、2007年に生産終了となった際、青赤ベゼルが消滅したため注目される存在へと変化。今では逆に「青赤が良い」という人が増えており、このモデル以外でも「色」という要素は人気モデルの秘訣です。1年前でも中古相場が定価を上回る状態だったため、「かなり高い」という印象でしたが、2017年はそこからさらに20万円高くなっているのです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)