清水良太郎だけじゃない…風俗嬢が体験した薬物トラブル「中毒者の客は刺激しないのが一番」

清水良太郎だけじゃない…風俗嬢が体験した薬物トラブル「中毒者の客は刺激しないのが一番」

新宿のビジネスホテルで怪しい客と遭遇した真美さん

 モノマネタレントの清水良太郎が覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕された。清水容疑者は今月10日、池袋の派遣型風俗店に勤務するデリヘル嬢に無理矢理薬物を飲ませて、「キメセク」を行おうとした疑い。このニュースを見て、「こういう客たまにいますよ」と話すのはデリヘル嬢の真美さん(仮名・25歳)。

「新宿のビジネスホテルに呼ばれた時、部屋に入るなり、明らかに挙動不審の客がいたんです。自分で呼んどいて勘ぐっているというか……。目がギョロッとしていて、まったく瞬きをしないので、変だなと思いましたね」

 新宿に呼ぶ客は変わっている人が多いとの事なので、特に気にしなかったというが……。

「『お客さん、落ち着きないですね』と冗談で言ったら、その客自ら『俺、シャブやってるんだ』とカミングアウトしてきました。確かに体型は普通なのに、顔だけが異常にガリガリ。頬がこけていて目の下はクマが目立つ。その人の話によると、覚せい剤をやっていると勘ぐりが激しくなるため、盗撮の恐れがあるラブホテルは絶対使わないのだとか。もし、自分も覚せい剤をさせられそうになったら、お店に連絡しようと思ったのですが、特に何もなかったので普通にプレイしました。下手に通報して逆切れされたら困りますからね。で、プレイが始まったのですが、いくら頑張っても全然フィニッシュしないんです。覚せい剤を使いすぎると、アソコの感覚が麻痺してイキづらいのだとか。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)