『鷹の爪』と山田孝之の考えは近い!? バットマンを演じ終えて語る俳優・声優論

『鷹の爪』と山田孝之の考えは近い!? バットマンを演じ終えて語る俳優・声優論

『鷹の爪』と山田孝之の考えは近い!? バットマンを演じ終えて語る俳優・声優論の画像

 スーパーマンやバットマンなどを擁するジャスティス・リーグが、本家の映画よりもひと足早く日本に上陸! 吉田くんや総統たち『鷹の爪』のメンバーと、10月21日全国公開の映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』で共演を果たす。異色のコラボもさることながら、バットマン役の山田孝之を始め、ハーレイ・クインを知英、ジョーカーを安田顕が演じるなど、豪華なキャストも話題になっている。

 これだけ人気の俳優を集めて、いつも問題になる予算は大丈夫かと思いきや、収録はおもにDLE社内の1畳しかない録音ブースで行われたとのこと。これなら予算の面では安心だが、俳優陣はノビノビと演技をできたのだろうか? バットマンを演じた山田孝之氏を直撃したところ、「『鷹の爪』の世界にスッと入ることができました」と振り返る。

「映像の様式を裏切ったり、見られたくないところをあえて見せたり……。『鷹の爪』がやっていることと、僕がやっていることは近いと思います。やりたいこと、やっていること、やろうとしていることが理解できるので、作品の世界には入りやすかったですね」

 バットマンの収録には、特に役作りをせずに臨んだという。

「バットマンは多くの役者さんが演じていますが、人気のあるキャラクターなので、大富豪で苦悩のヒーローというバットマン像がすでにあるじゃないですか。演じるにあたって、悩んでいる雰囲気を出しつつ、渋めな声を出せばいいだろうと考えて収録を行いました」

 そんな山田孝之さんは、自他ともに認めるバットマンファン。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)