"ネット工作員"の主張を聞く 『クローズアップ現代プラス』で情報提供の呼びかけも

"ネット工作員"の主張を聞く 『クローズアップ現代プラス』で情報提供の呼びかけも

記事まとめ

  • ネット上の匿名の誹謗中傷、組織的に投稿を繰り返すネット工作員が存在するとの指摘
  • 『クローズアップ現代プラス』でネット炎上の取材をしており情報提供の呼びかけも
  • 記事では、選挙前に暗躍すると言う“ネット工作員”たちの主張を聞いている

選挙前に暗躍する“ネット工作員”たちの主張を聞いてみた

選挙前に暗躍する“ネット工作員”たちの主張を聞いてみた

選挙前に暗躍する“ネット工作員”たちの主張を聞いてみたの画像

 ネット上で繰り返される匿名の誹謗中傷、その陰には組織的に投稿を繰り返す“ネット工作員”が存在するとの指摘も――。

 10月12日、NHKの公式ツイッターアカウント「NHKニュース」によるつぶやきに、ネット上の一部の人々がざわついた。NHKのアカウントによれば、同社の看板番組「クローズアップ現代プラス」で、ネット炎上やネットリンチにまつわる取材をしており、情報提供を呼びかけているのだとか。

◆選挙前に「ネット工作員」が暗躍中…の真偽

 同ツイートには、現在600件もの返信が寄せられているが、大半が左翼派・革新派の政治家を揶揄したりNHKの報道姿勢を問う、といった内容だ。NHKのツイートの通り、右派保守派、いわゆる「ネット右翼」と呼ばれるような人たちが“組織的に投稿”しているようにも思える事態。しかし、ヘイトスピーチデモなどで知られる在特会(在日特権を許さない市民の会)の現役会員・杉本氏によれば、このNHKの指摘こそが「フェイク」であり「ヘイト」なのだという。

「NHKへの返信ツイートは、組織だって行われているものじゃない。アカウントの一つ一つを見ていけば容易にわかりますが、皆、保守的な思想を持つ一個人。在特会などの“保守団体(杉本氏の見解)”に所属している人もいますが、誰彼に言われて書き込んでいるわけでも、書き込むことによって報酬を受け取っているわけでもない。我々のような個人を“工作員”と決めつけ排除するNHKこそが反日工作員であり、ヘイトを垂れ流している」

 この杉本氏、ネット上によく見られるように「親自民党」で、安倍総理の熱心な応援団かといえば、そうでもない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)