ECファッキンWの“隠し玉”クリス・ジェリコ――フミ斎藤のプロレス読本#115【ECW編エピソード07】

ECファッキンWの“隠し玉”クリス・ジェリコ――フミ斎藤のプロレス読本#115【ECW編エピソード07】

『フミ斎藤のプロレス読本』#115 ECW編エピソード7は「ECファッキンWの“秘密兵器”クリス・ジェリコ」の巻。ポール・ヘイメンは1年がかりで連絡をとりつづけ、ようやくライオン・ハートことクリス・ジェリコをECWアリーナにブッキングした(Photo Credit: Linda Roufa)

 199X年

 「クリス・ジェリコって知ってるか?」

 ポール・ヘイメンは、どうだ、すげえだろ、エッヘンと胸をはった。かれこれ1年がかりで連絡をとりつづけて、やっとつかまえた“秘密兵器”なのだという。

 カナダ・カルガリー出身の25歳で、キャリアは5年。髪はブロンド。カルガリーのレスラーだから、コスチュームはもちろん革のベストとロングタイツ。

 ホームリングはいまのところジャパンのインディー系団体。ようするに、WARのリングで闘っているライオン・ハートである。

 ECファッキンWが探していたのはロウ・タレントraw talent(才能の原形)。まるっきりのルーキーではなくて、すでに何年かのリング経験を積んでいるプロフェッショナル。

 アメリカでの露出はできるだけミニマムで、仕事ができて、グッド・ルッキング。でも、そんなおあつらえ向きのレスラーなんてなかなかいやしない。

 ポール・Eは、ジェリコのパブリシティー・フォトをながめてはウキウキしたり、うっとりしたりしていた。

 カルガリー・スタイルの最高傑作といえばダイナマイト・キッドと“ヒットマン”ブレット・ハートに決まってる。もちろん、クリス・ベンワーもかなりすごい。

 カルガリーから出てくるボーイズはハードワーカーで知られている。みんな、どういうわけかロングタイツに“お星さま”をつけている。

 ジェリコはカルガリー・スタイルの正統な継承者のひとりではあるけれど、キッドやヒットマンの直系の弟子というわけではない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)