戦力の底上げが進まないサッカー日本代表。控え組の起用で露呈された現在地

戦力の底上げが進まないサッカー日本代表。控え組の起用で露呈された現在地

戦力の底上げが進まないサッカー日本代表。控え組の起用で露呈された現在地の画像

 サッカー日本代表は10月10日、キリンチャレンジカップ2017でハイチ代表と対戦した。格下相手に苦戦を強いられ、3-3で引き分けたこの試合。前半、倉田と杉本のゴールで2点を先取した日本だったが、その後ハイチの反撃に遭い、一時はリードを許す展開に。終了間際の香川のゴールで辛くも引き分けたものの、負けに等しい厳しい結果となった。

◆一定の水準を下回る、緊張感の欠けた試合に

「何の意味がある試合なのか――」。

 10月6日に豊田スタジアムで行われた対ニュージランド戦後、香川真司はそうコメントした。欧州、南米など大半の地域でまだW杯予選が開催されていたため致し方ないことではあるのだが、確かに今回対戦した2チームは、強化という観点から言えば物足りない相手だった。W杯本大会でニュージーランドやハイチほど弱いチームと対戦することはまず有り得ない。南米予選5位チーム(後にペルーに決定)との大陸間プレーオフを残すニュージランドはまだしも、1年前にすでに予選敗退しているハイチとの試合はまさに「何の意味があるのか」とも言いたくなるような一戦だっただろう。日本の選手たちのギアはイマイチ上がりきらず、案の定緩すぎる強化試合となってしまった。

 ただ、そんな緩い中でも最低限クリアしなければならない一定の水準というものがある。この日の日本代表の戦い振りは、その最低限のOKラインにはほど遠く、あまりにも酷いものだった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)