風俗嬢との恋愛は「アリ/ナシ」で男女真っ二つ。 6割の男性がアリ、6割の女性はナシと回答

風俗嬢との恋愛は「アリ/ナシ」で男女真っ二つ。 6割の男性がアリ、6割の女性はナシと回答

主人公は?真実の愛”をつかむことはできるのか。「愛はいつも一方通行。それだけではありますが、愛について私にはそれ以上に言えることがありません」(鳥飼茜)

 現代は自由恋愛の時代。年の差、国籍、性別を問わず、出会いの形も友人の紹介からマッチングアプリまでさまざまだ。

 鳥飼茜の『ロマンス暴風域』、は30代の非モテ男性の純愛を描いた物語。仕事は非正規職、長らく彼女ナシの主人公・佐藤は、ある日風俗で出会った芹香との恋にのめり込んでいく。

 では、風俗嬢と結婚を見据えた本気の恋愛を一般の男女はどう見ているのか? アリかナシかを男女100人に聞いてみた。

Q1.(男性に聞きました)風俗嬢と本気の恋愛をするのはアリだと思いますか?

●アリ61%

●ナシ39%

 6割の男性がアリという結果に。「かわいければよし。好みじゃなければそもそも通わない」(24歳・不動産)と、見た目を重視する声が上がった一方で、「風俗のことが周りにバレなければアリ」(32歳・広告)、「結婚までに風俗をを辞めてくれるならアリ」(27歳・建設)という条件付きの意見も。

 ナシ側では「性欲発散と恋愛は別」(36歳・飲食)、「自分より経験人数が多いのは嫌」(25歳・IT)などの声が上がった。

 では女性は男性が風俗嬢と恋に落ちることをどう見ているのだろうか。

Q2.(女性に聞きました)男性が風俗嬢と本気の恋愛をするのはアリだと思いますか?

●アリ38%

●ナシ62%

 「男も女も気持ち悪い。病気も怖い」(27歳・公務員)という嫌悪感を示す声から、「キャバクラと一緒でプロ相手に本気になってどうすんの」(31歳・看護師)と男の愚かさを指摘する声まで上がった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)