知ったかぶりしたい「乙類焼酎の世界」 原料・製法でこれだけ違う

知ったかぶりしたい「乙類焼酎の世界」 原料・製法でこれだけ違う

知ったかぶりしたい「乙類焼酎の世界」 原料・製法でこれだけ違うの画像

〜ビジネスマンのための一目おかれる酒知識 第11回焼酎編その2〜

 ビジネスマンであれば、酒好きでなくても接待や会食で酒に親しむ機会は多いです。そして多くの人は「それなりに酒に詳しい」と思っているはず。しかし、生半可な知識、思い込みや勘違いは危険。飲み会の席で得意げに披露した知識が間違っていたら、評価はガタ落ちです。酒をビジネスマンのたしなみとして正しく楽しむために「なんとなく知っているけどモヤモヤしていた」疑問を、世界中の酒を飲み歩いた「酔っぱライター」江口まゆみがわかりやすく解説します

◆乙類焼酎の蒸留方法は1つじゃない?

 焼酎には大きく分けて2種類あり、甲類は連続式蒸留機で蒸溜した焼酎で、乙類(本格焼酎ともいう)は単式蒸留機で蒸溜した焼酎です。そして歴史的には甲類より乙類のほうが古い蒸溜技術です。

 単式蒸留の技術が、いつ頃どのように日本に伝わったかははっきりわかっていません。「生命の水」と呼ばれた蒸留酒は、8世紀頃中東からヨーロッパへ伝わり、アジアでは13〜14世紀頃には製造されていたようです。

 日本への伝播については、東南アジアから琉球を経て薩摩から南九州に伝わったという「南回り説」と、中国から朝鮮を経由して壱岐から北九州に伝わったという「北回り説」があります。

 私は焼酎の源流といわれているタイやラオスで地酒の米焼酎を飲んできましたが、琉球泡盛と同じ全麹仕込みでしたし、ドラム缶を改造した蒸留機は、明治時代の「カブト釜」と呼ばれる蒸留機とそっくりでしたので、南回り説をとっています。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)