2018年次世代ブレイク女優・大幡しえり「学生時代もう少し男子とコミュニケーションを取っていれば…」

2018年次世代ブレイク女優・大幡しえり「学生時代もう少し男子とコミュニケーションを取っていれば…」

大幡しえり/98年11月生まれ。埼玉県出身

 今年3月に映画デビューを果たし、さらにテレビドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系列)、嵐の櫻井翔主演のドラマとして注目の『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系列)や『監獄のお姫さま』(TBS系列)と立て続けに出演。2018年には間違いなく人気女優の仲間入りを果たすといわれる次世代ブレイク女優の美少女、大幡しえりに単独インタビューを敢行した。

◆彼女の高校生時代にはどんな思い出が?

 現在、放送中の人気ドラマ『先に生まれただけの僕』は嵐の櫻井翔が校長先生として奮闘する学園ドラマ。その高校に通う生徒役として抜擢されたのが、大幡しえりちゃんだった。

「今年3月に高校を卒業したばかりだったので、リアリティは出せると思ってたんです。だけど、高校生たちの中ではもう流行が変わっていてビックリ! 例えばバッグの持ち方。今はスクールバッグを、外側のヒモだけ肩にかけて持つのが流行りらしくて、両方のヒモで背負ってた私のときとはもう違うんだなーって」

 中学時代はテニス部、高校は書道部で過ごした大幡しえりちゃん。さぞかし充実した学校生活を過ごしているのかと思いきや、若干後悔していることがあるという。

「毎日の学校生活は授業も日々の生活も全部楽しかったんです。だけど小学校の頃から私の通っていた学校はどれも男女比で女のコのほうが多くて、同じクラスの男のコとさえほとんど話さなかったんです。他人が言うには近寄るなオーラを出していたらしくて……。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)