罪悪感なく“裏カジノ”にハマる会社員たち「外回りの合間に行くと気分転換になる(笑)」

罪悪感なく“裏カジノ”にハマる会社員たち「外回りの合間に行くと気分転換になる(笑)」

罪悪感なく“裏カジノ”にハマる会社員たち「外回りの合間に行くと気分転換になる(笑)」の画像

 先日、覚醒剤使用の容疑で逮捕されたタレントの清水良太郎容疑者。その入手ルートとして一部報道で指摘されているのが、裏カジノだ。

 国内の合法カジノについては、具体的なIR(カジノを含む統合型リゾート施設)実施法案が突然の解散&総選挙で先送りされていた。その成立についてはまるで見通しが立たないなか、警察による裏カジノの取り締まりは激化の一途を辿る。

 10月10日には名古屋の裏カジノ店の経営関係者が逮捕。ほかにもSPA!の調べによると、今年に入り大阪で5店舗、都内でも六本木や錦糸町などで、少なくとも4店舗以上が摘発されている。さらに不起訴になったものの、昨年3月には海外のオンラインカジノを利用した3人の一般男性が単純賭博容疑で逮捕されている。

◆危険な本カジよりも気軽なインカジ

 警察の取り締まりが強化されるなか、“インカジ”と呼ばれる海外のインターネットカジノサイトを利用した店が主流になりつつあるという。裏カジノ界隈に詳しい事情通はこう語る。

「バカラ台を常設した“本カジ”は摘発されるリスクが高く、店側は短時間で確実に稼ごうとするため、イカサマが横行しています。トランプを配るシューターが進化していて、今やド素人でもイカサマができる。歌舞伎町には結構な数の本カジがあるけれど、まともな店は3店舗くらいです。

一方で、インカジはネットカフェの形態をとっているので摘発されにくい。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)