【座間9遺体事件】「#死にたい」と発信する人たちを救う手段は…SNS各社のサポート、踏みとどまった人の声を聞く

【座間9遺体事件】「#死にたい」と発信する人たちを救う手段は…SNS各社のサポート、踏みとどまった人の声を聞く

【座間9遺体事件】「#死にたい」と発信する人たちを救う手段は…SNS各社のサポート、踏みとどまった人の声を聞くの画像

 神奈川県・座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件。今回亡くなった女性のTwitterには、「#自殺募集 死にたいけど一人だと怖い」と書き込まれていたという。また、容疑者の男性とは自殺サイトを通じて知り合ったと見られている。

 実際にSNSで「#死にたい」「#自殺募集」と検索してみると、同様の自殺をほのめかすような内容が見てとれる。現在はインターネットの時代。こうしたひとりでは自殺ができない人が、複数人集まることによって、背中を押すような結果に結びついてしまう。まずは、主要SNS各社のサポートから見てみよう。

◆Twitter

 ツイッターには自殺防止に向けた「通報」機能が備わっており、ヘルプセンターにはこのように書かれている。

<自傷行為:自殺や自傷行為をほのめかす内容がTwitterに投稿される場合があります。あるユーザーに自殺や自傷行為の兆候があるという報告を受けた場合、Twitterではその人物を支援するために、さまざまな対応を行うことがあります。たとえば、その人物に連絡してこちらの懸念を伝え、他のTwitterユーザーが心配していることを説明したり、Twitterのメンタルヘルスパートナーの連絡先などの情報を伝えたりします。>

◆Facebook

 また、フェイスブックには「自殺防止ホットライン」があるようだ。手助けしてくれる機関の連絡先まで明記されている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)