映画「ブレードランナー2049」「IT」。人気作家の映画化が立て続けに【コラムニスト木村和久】

映画「ブレードランナー2049」「IT」。人気作家の映画化が立て続けに【コラムニスト木村和久】

映画「ブレードランナー2049」「IT」。人気作家の映画化が立て続けに【コラムニスト木村和久】の画像

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その184 ―

 日本では、アメリカの人気作家が原作の映画がたて続けに公開され、ちょっとした話題になっています。順を追って説明しますと、10月27日に公開したのが「ブレードランナー2049」という「ブレードランナー」の続編です。これはフィリップ・K・ディックの原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」(1968年)を原案にしており、今回新たにストーリーが書き加えられました。

 1982年公開の「ブレードランナー」は多くの人々に影響を与え、SF映画の金字塔になっています。暴走したアンドロイド(映画ではレプリカント)を追って始末するのがブレードランナーという人々で、初代はハリソン・フォードが演じてます。映画での設定は2019年です。あと2年で、アンドロイドが暴走するのですが、現実世界はやや遅れてますね。

 新作でブレードランナーの役を演じるのが「ラ・ラ・ランド」でブレイクしたライアン・コズリング。そして彼はアンドロイドとして生を受けていて、夢を見たりセクロスしたりと、ほぼ人間になっているのが驚きです。それにしても2049年という未来が、凄く暗く絶望的なのに驚きます。地球温暖化や大停電が起こり、地球は人間が住みづらい場所になっているんですね。たぶん、これは現代に警鐘を鳴らしているんだと思います。今から悔いあらためて、健全に生きましょう。

 ディックの作品は「マイノリティ・リポート」「トータル・リコール」「アジャストメント」など映画化されたSF作品がたくさんあります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)