アニソンメタルに流れるLAZYの血脈――影山ヒロノブ、LOUDNESS、ランティス【山野車輪】

アニソンメタルに流れるLAZYの血脈――影山ヒロノブ、LOUDNESS、ランティス【山野車輪】

『ドラゴンボールZ ベスト ソング コレクション』(1996年)

<文/山野車輪 連載第10回>

◆アニソンメタル・シーンの始まりは秋葉原ではなく……

 今でこそ、大人もアニメやマンガを堂々と観たり読んだりしているが、つい最近まで、アニメやマンガなどのオタクカルチャーは子どもが観る(読む)ものというのが一般常識とされ、大人がたしなむのは「恥ずかしい」こととされていた。

 そしてへヴィメタルという音楽もそのリスナーも、一般大衆からは偏見の目で見られていた。なかでも特にジャパメタや国産女性ヴォーカル歌謡メタルは、メタル・カーストで最下層に位置付けられていたことは、連載第1回で書いたとおりである。

 だが、オタクカルチャーはその後、海外から高い評価を得るなど市民権を獲得し、オタクへの偏見・蔑視は次第に薄まってきた。その後を追うかのように、へヴィメタルの内外に横たわっていた差別も、嬢メタルの盛り上がりやBABYMETALの世界的成功、そしてラウド系アイドルの勃興によって払拭された。

 これまでの連載で述べてきたように、近年まで差別に悩まされてきたアニメとジャパメタは、実はお互いに非常に近しい存在なのである。今回は、その2つの密接な関わりの土台となった歴史「アニソンメタル黎明期」を振り返ってみたい。それは、関西へヴィメタル・シーンの歴史でもある。

◆特撮ドラマに使用されたジャパメタ

 洋楽シーンでは、ハードロックが1970年代に全盛期を謳歌し、日本にもいくつかのハードロック・バンドが誕生した。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)