FMWの荒井昌一社長、ホントですか、そんな超大物が?――フミ斎藤のプロレス読本#128[ECW編エピソード20]

FMWの荒井昌一社長、ホントですか、そんな超大物が?――フミ斎藤のプロレス読本#128[ECW編エピソード20]

『フミ斎藤のプロレス読本』#128 ECW編エピソード20は、ECWと業務提携路線をさせたFMWの荒井昌一社長と筆者の会話から――(写真はFMW「スーパーエクストリームレスリングウォー」シリーズのオフィシャル・プログラム表紙より)

 199X年

 9月28日、火曜。FMWの荒井昌一社長からお電話をいただいた。荒井社長は田中将斗、冬木弘道コミッショナーといっしょにシカゴへ飛び、ついにECWのライブを体感してしまった。

 バックステージではポール・ヘイメン社長とポール・E・デンジャラスリーの“ひとりふた役”の変身シーンをしっかりと目撃してきた。FMWとECWは提携団体としての道を歩みはじめていた。

 電話の要件はパンフレット、興行用ポスターに使用する外国人選手の写真のセレクトについて。「口頭で申しわけございませんが」という純日本的なイントロダクションのあとで荒井社長の口から出てきたカタカナはレイヴェン、トミー・ドリーマー、フランシーン、ボールズ・マホーニーといったECW主力メンバーたちの名だった。

 荒井社長は「それから、これはまだ決定ではないんですが」と控えめに前置きをしてから、ECWとはなんの関係もない“超大物”ショーン・マイケルズの名をつぶやいた。

 FMWの11.23横浜アリーナ大会はとんでもないイベントになるかもしれない。

 30日、木曜。札幌へ出張。午前10時55分のANA便に乗って、羽田から新千歳まで仮眠。札幌到着後、携帯電話のスウィッチを入れると、荒井社長から留守録メッセージが入っていた。ショーン・マイケルズとは別ワクでドリーとテリーのザ・ファンクスが来日する可能性があるのだという。

 夜6時半から9時半まで、専門学校Nで「ライター養成講座」の講義。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)