“AI時代に消える人”の特徴――「やべーよ」と言っているだけで情報を探らない人は危険

“AI時代に消える人”の特徴――「やべーよ」と言っているだけで情報を探らない人は危険

“AI時代に消える人”の特徴――「やべーよ」と言っているだけで情報を探らない人は危険の画像

 人工知能(AI)の進化によって仕事を奪われる――。そんな話を聞いたことがある人も多いだろう。すでに、「ロボットが接客する世界初のホテル」や「ドバイ警察がロボコップを正式採用」など象徴的な事例はあるが、我々の職場にも「AI化」は日々忍び寄っているのだ。

◆前例や経験にとらわれてはAIを超えられない!

 AI時代への不安に揺れる人々もいるが、AIの専門家や働き方の専門家は一様に、「AIに仕事を奪われるという発想はナンセンス」と冷静だ。

「AIの導入によって、仕事が“なくなる”のではなく、“変化する”と考えるべき」と話すのは、AI時代の働き方に積極的な提言を行っている、はたらきごこち研究所代表の藤野貴教氏。

「仕事のどういう部分がAIに置き換わっていくのかを具体的にイメージせず、ただ漠然と不安を抱えている人が一番マズい。『やべーよやべーよ』と言っているうちに仕事がポンとなくなっていたということになりかねない。知りたくない現実でも、情報を取りに行くことを怠ると危険。といっても大層なことをする必要はなく、スマホのグーグルアプリなら、それこそAIを用いて過去の検索履歴からおすすめ記事を表示してくれるので、『AI/経理』みたいなキーワードを入れれば、スキマ時間で最新情報を学べます」(藤野氏)

 非効率な作業がAIに置き換わっていくのは時代の流れ。にもかかわらず、長年培った経験にプライドを持つあまり、変化を受け入れられない人の未来は明るくない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)