日米親善ゴルフは安倍首相の祖父の悲願だった[コラムニスト木村和久]

日米親善ゴルフは安倍首相の祖父の悲願だった[コラムニスト木村和久]

日米親善ゴルフは安倍首相の祖父の悲願だった[コラムニスト木村和久]の画像

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その186 ―

 日米首脳会談の場外乱闘みたいな親善ゴルフは面白かったですね。ゴルフをやらない人にとっては何が面白かったか、全然分からないと思いますので、細かく説明しましょう。

 まず会場の「霞が関カンツリー倶楽部」ですが、2020年の東京オリンピックのゴルフ会場になっている超名門コースです。コースの格やレイアウトとしては申し分ないです。けど、場所が埼玉県の内陸部にあり、真夏の試合会場としては暑くて試合ができないし、ギャラリーも倒れるのではないかと言われています。さらに晴海の選手村からは遠いなどと未だ懸念材料がくすぶっていたのです。

 それを払拭すべく、安倍首相が「オリンピックは絶対霞が関CCでやるから、トランプ大統領が来たときに貸してね」と持ちかけたのではないでしょうか。どちらが忖度したのか、阿吽の呼吸だったのかは知りませんが、結果的には非常に良いお話となりました。

 というわけで、名門霞が関カンツリー倶楽部は日曜日のメンバーデーをクローズして、トランプ御一行様に差し出したのです。しかも、乗用カートを使いたいとのたまう始末。「オレはデブだから、歩くのは嫌なんだ」と言ったか定かではありませんが、しぶしぶ乗用カートを用意しました。こともあろうことか、その乗用カートでコースの中を走り回るというのですから、前代未聞です。何しろ霞が関カンツリー倶楽部のラウンドは歩きが基本。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)