いま[バカゲー]が熱い!

いま[バカゲー]が熱い!

TOKYO JUNGLE

手堅いシリーズ作に押され、消えかけていた“バカゲー”の悦楽。ところが、ここに来てネオバカゲーとも言うべき新顔が続々登場している。硬直したゲームシーンに風穴を開ける個性派たちをゲームコラムニスト・卯月鮎がピックアップ!

◆ペットも家畜も猛獣も! 東京は動物たちの修羅場と化す!!

 作り手のこだわりが炸裂したユニークな意欲作をゲーマーたちは、愛と親しみを込めて“バカゲー”と呼ぶ。今回は、爆笑、シュール、タブー、エロスなど、ありきたりなゲームでは絶対に味わえない不思議ワールドを持った7本をセレクト。どれも、「なんでやねん!」とツッコみすぎて疲れてしまうほどの逸品だ。

 まずは、発売前から稀代のバカゲーと騒がれた『TOKYO JUNGLE』。無人の東京で動物たちがサバイバルをするのだが、なぜかそこにポメラニアンやヒヨコの姿も! これは一体!? ディレクターの片岡陽平氏を直撃した。

――ネットでは、「バカゲー」と騒がれていますが……?

片岡:それについてはちょっと困惑しています(笑)。バカゲーというと狙って笑いを取りにいった感じがするじゃないですか。でも、僕らはいたって真剣です。

――ポメラニアンやヒヨコも!?

片岡:ヒヨコ、変わってます? だって、いきなり人間がいなくなった世界を描きたいんですよ。だったら、人間に近い動物ほど野生に目覚めなければならない。ライオンやゾウも選べますけど、むしろそちらのほうが不自然では?

――な、なるほど……。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)