秋葉原でストリップ!? イチオシ【バカゲー】3連発

秋葉原でストリップ!? イチオシ【バカゲー】3連発

AKIBA’STRIP PLUS

手堅いシリーズ作に押され、消えかけていた“バカゲー”の悦楽。ところが、ここに来てネオバカゲーとも言うべき新顔が続々登場している。硬直したゲームシーンに風穴を開ける個性派たちをゲームコラムニスト・卯月鮎がピックアップ!

<家庭用ゲーム編>

【ロリポップチェーンソー】

PS3・Xbox360/角川ゲームス/通常版・プレミアムエディション版各7980円/発売中

◆ツッコミどころ満載ゾンビゲーム!

『killer7』『NO MORE HEROES』など、海外からも注目される鬼才クリエイター・須田剛一が贈るゾンビエンターテインメント。ある日突然、ゾンビがハイスクールに大量出現し生徒たちを襲う……と、ここまでは普通のホラーの設定だが、なんとそれを撃退するのが金髪ツインテールのチアリーダー・ジュリエット! チアのコスチュームのまま、ダンスさながらにチェーンソーを振り回す姿は、まるで母校のアメフト部を応援するかのよう。いやいや、そんな状況じゃないんですけど!

 切り刻まれていく大量のゾンビたち。ところが画面上は星やハートがキラキラと輝くキュート演出の嵐。血みどろのスプラッタでもおかしくないのに、なんだか底抜けにポップで爽快。こんなゾンビアクションは見たことない! 海外ホームドラマを模した展開、首だけになってもラブラブな彼氏、ゾンビバスケにゾンビベースボールなど、シュールな世界観も必見。Z指定の『プレミアムエディション』には、過激な洋ゲー基準表現のモードも収録されている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)