腕時計相場を上昇に導いた総理は誰? 歴代内閣別[中古ロレックス相場ランキング]

腕時計相場を上昇に導いた総理は誰? 歴代内閣別[中古ロレックス相場ランキング]

ロレックスデイトナ116520

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。腕時計の相場は日々変化していますが、その相場が変化する理由には様々なものがあります。政治の影響も受ける傾向があり、まさに政治と経済は密接に連動しているのだ、ということを腕時計相場からも感じることができます。

 ということで今回は、日本の政治から腕時計相場を考察。2006年9月に総辞職した小泉内閣から現在の安倍内閣までの腕時計価格をランキング化しました。果たしてどの総理が腕時計相場を上昇に導いたのでしょうか。

 ちなみに、ランキング化するに当たり価格を参考にしたのは、中古のロレックスデイトナ116520価格です。各内閣総辞職前の雑誌掲載中古価格の最安値を基準としています。116520は2000年にデビューした後2016年3月まで現行モデルとしてラインナップ。生産終了や人気上下などの変化が少なく、小泉内閣から安倍内閣(2012-)の期間において条件が安定しているため、参考値として適正だと考えることができます。なお、116520は2016年3月に事実上の生産終了となったため、2016年12月頃より相場が変化。そのため安倍内閣(2012-)の参考値は2016年1月としています。

◆第8位 野田内閣(2011年−2012年)/¥818,000

 2006年以降の総理大臣で最も腕時計相場が安かったのが、野田内閣の時代です。リーマン・ショックがきっかけで腕時計相場は安くなったものの、リーマン後を遥かに下回る相場となっていました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)