座間9遺体事件にみるネットスカウトマンの手口 “病みアカウント”は狙われやすい!?

座間9遺体事件にみるネットスカウトマンの手口 “病みアカウント”は狙われやすい!?

座間9遺体事件にみるネットスカウトマンの手口 “病みアカウント”は狙われやすい!?の画像

 神奈川・座間で起きた男女9名の殺害事件。元スカウトだった白石容疑者が、ツイッターで「自殺志願」の書き込みをしていた若い女性らを言葉巧みに誘い出していたことが、捜査関係者への取材によって明らかになっている。一部報道によれば、容疑者は複数のツイッターアカウントを用いてスカウトを行っていたという。11月21日号のFLASHにおいては彼を知るスカウトマンの証言として、

「SNSで女のコを募集しており、成績はよかった」

 とされている。とはいえ、そんなにうまくいくのであろうか。現役スカウトマンの赤木氏(仮名)は「ネットスカウトのノウハウ」によって、容疑者が犯行に及んでいたのではないかと推測する。

「悩みの相談に乗り、その後実際に会う。ネットを使ったナンパの手法ですが、白石は同じ手法で女性をスカウトし、性風俗店で働かせていたのでしょう」

 白石容疑者は、ツイッター上に「高収入」などといった名前で、複数のアカウントを開設し、風俗嬢や水商売とみられる女性にかたっぱしからダイレクトメールやツイートを送り、反応があったユーザーらとやりとりしていたという。また「カネがない」「至急カネが必要」などとつぶやいているアカウントにも接触し、時には悩みの相談にまで乗っていたという。

「一部のスカウトたちも、白石と同じような方法で今もやっていますよ。お互いの顔がわからない分、街中でのスカウト以上に難しい面もありますが、逆に我々スカウト……いや、ナンパ目的の男たちにとってはやりやすい部分もある。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)