女性に愛される「おじさんSEXの魅力」とは?

女性に愛される「おじさんSEXの魅力」とは?

左より、鈴木涼美、姫乃たま

 おじさんの“痛いSEX”は数あれど、落ち込む前にすべきことがある。中年男性の性に精通する2人が語る、おじさんらしさを生かしたSEXとは……?

 女性に嫌がられない、むしろ愛される中年男のSEXはないものか。それを検証すべく、自ら「おじさん好き」を公言する地下アイドルの姫乃たま氏と、「付き合う男は40歳まで」を断言する社会学者の鈴木涼美氏による対談を決行。中年男のSEXについて赤裸々に語ってもらった。

鈴木:基本的には私は姫乃さんみたいにおじさん好きではなく、30代の男性が好きなんですよ(笑)。でも、そんな私でも、中年男性のSEXが若い男より勝っていると思う部分は結構あります。たとえば、前戯が充実している点とか。

姫乃:やはりそれがおじさんSEX最大の魅力ですね。以前、知人の40代の男性が「前戯が本番。挿入はエンドロールだ」と言ってて。これは名言だな、と思いました。

鈴木:若い男は体力があるから、勃起で始まり射精で終わるSEXしかしない。でも、40代以降になると男性機能や体力も衰える。だから、挿入以外で女性を満足させようと、前戯のバリエーションを増やしたりと頑張ってくれるし。

姫乃:だから中年男性がSEXの悩みに挙げる中折れも、私は全然気になりません。むしろ、そこからどうリカバリーするかが本領発揮なのかなと。

鈴木:私もあまり気にならないかな。女性は前戯による外イキ派のほうが多いし、挿入が長い人は遅漏と言われて嫌われる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)