第2の荻野由佳は生まれるのか!? 「第3回AKB48グループドラフト会議」最終候補者が決定

第2の荻野由佳は生まれるのか!? 「第3回AKB48グループドラフト会議」最終候補者が決定

左から安藤、中村、矢作

 11月11日、「第3回AKB48グループドラフト会議」のオーディション三次審査が行われ、最終候補者72名がお披露目された。

 ドラフト会議とは、オーディションで選ばれた候補者の中から、AKB48グループの各チームキャプテンが指名・獲得するイベント。2013年の第1回、2015年の第2回に続き、来年1月21日に、東京ドームシティホールにて第3回が開催される。

 これまでとは異なり、第3回では各チームを代表するファンが候補者から、応援するチームに必要な人材を指名するという、新たなシステムが導入される予定だ。

 第9回AKB48選抜総選挙で5位のNGT48の荻野由佳、8位のSKE48惣田紗莉渚などもドラフト会議で見出されてきただけに、グループの未来を担う人材が発掘される可能性は十分にあるだろう。

 今回のオーディションでは、候補者がSHOWROOMで配信を行い、そこで得たポイントの順位が発表され、審査の参考とされている。

 そのランキングのトップは、SKE48矢作有紀奈の妹で、16期生のオーディションで落選していた矢作萌夏(15歳、埼玉県出身)。

「合格を頂いて、16期オーディションのリベンジができて、すごく嬉しいです。希望グループは、まだお母さんと相談しているので決まっていないんですけど、頑張りますのでよろしくお願いします」

 また、2位と3位にランクインした候補者はそれぞれこのように意気込みを語っていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)