座間9遺体事件、被害者の頭部保管に精神科医が指摘「快楽殺人ではよくあるケース」

座間9遺体事件、被害者の頭部保管に精神科医が指摘「快楽殺人ではよくあるケース」

座間9遺体事件、被害者の頭部保管に精神科医が指摘「快楽殺人ではよくあるケース」の画像

 神奈川県座間市のアパートで、若い男女9人の切断された遺体が見つかった事件。10月31日の発覚から2週間が経過、少しずつではあるが詳細が明らかになるにつれ、その猟奇性に衝撃が広がっている。



 死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が、現場アパートに入居したのは今年8月末。以降、2か月あまりの間に9人を殺害し、遺体をバラバラにしていたとみられる。殺害時期は8月に1人、9月と10月がそれぞれ4人。ほぼ1週間に1人を殺し遺体を解体していたことも異常だが、アパートの部屋には9人の頭部が保管されていたことにも大きな戦慄が走った。



 頭部切断ですぐ思い浮かぶのは、1997年に兵庫県神戸市で起きた連続児童殺傷事件、いわゆる「酒鬼薔薇事件」だろう。



 この衝撃的な事件から遡ること28年。1969年には、神奈川県で高校1年生が同級生男子を惨殺、生首を路上に放置する事件が発生、28年前の「酒鬼薔薇事件」といわれている。この事件とその後は、奥野修司氏の名作『心にナイフをしのばせて』に詳しい。それによると、同級生を殺害した少年は少年院を退院後、有名私大を経て弁護士になっていたことが判明、衝撃が倍増した。奥野氏の著書は、その後の少年法改正に一石を投じた。

 今回の事件は当初、被害者と同様に自殺願望を抱いていた白石容疑者が、自ら命を絶つ仲間を募り犯行におよんだと思われていた。しかし、その後、「金銭目的」や「暴行目的」など供述は一転し、いまだ犯行動機は明らかにされていない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)