友達のいない38歳がスケボーを始めたら悲惨な結果に「肩の骨を折って全治1か月、仕事も…」

友達のいない38歳がスケボーを始めたら悲惨な結果に「肩の骨を折って全治1か月、仕事も…」

友達のいない38歳がスケボーを始めたら悲惨な結果に「肩の骨を折って全治1か月、仕事も…」の画像

 仕事もプライベートも代わり映えなく、毎日ルーティーンをこなすだけ。今まで付き合ってくれた飲み仲間も結婚し、一人で休日を過ごすことも多くなった。そんな寂しいアラフォーは新たな趣味を求めがちだ。一人キャンプ、一人ゴルフ、ツーリング、銭湯巡り……といろいろな趣味に手を出してしまうようだが、今回はその数ある趣味の中で、スケボーに手を出してしまった38歳の悲しい男の話をしていくことにする。

◆若者に交じってスケボーを練習する日々

 錦野祐太郎さん(仮名・38歳)は、かつてはCM広告なども手がけるデザイン会社に勤務し、年収800万円を稼ぎ出してた。しかし、ワンマン社長に嫌気が刺して退社。その後、転職活動をするもいい職場に巡り会えず、現在の派遣デザイナーとして働くことに。年収は300万円。少しでも、生活費を浮かせようと、これまで住んでいた渋谷のマンションを引き払い、千葉県の松戸駅から徒歩20分の4万円アパートに引っ越したのが運の尽きだった。

「駅に出るのも大変。家の近くにはコンビニとガソリンスタンドしかなくて、休日ともなればやることがないんです。近所を散歩したりと引越してから1か月は郊外暮らしを満喫していたんですが、すぐに飽きてしまった。年収300万円じゃあ車を買うこともできませんからね。そこで、何か趣味をと思って始めたのがスケボーでした」

 運良く家の近くの公園にはスケートボート広場があった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)