“なんでもあり”で“なんでも”ができなかったレジーねえさん――フミ斎藤のプロレス読本#134[ガールズはガールズ編エピソード4]

“なんでもあり”で“なんでも”ができなかったレジーねえさん――フミ斎藤のプロレス読本#134[ガールズはガールズ編エピソード4]

『フミ斎藤のプロレス読本』#134 ガールズはガールズ編4は、レジー・ベネットは純粋にプロレスが大好きな純粋なプロレスラー。レジーねえさんは“なんでもあり”で“なんでもあり”ができなかった(Photo Courtesy of REGGIE BENNETT)

 199×年

 バーリ・トゥードは、なんでもありの闘いである。ルールがないものは、とりあえずスポーツとは呼べない。

 全日本女子プロレスがプロデュースした“U★TOPトーナメント”は、限りなくケンカに近いシチュエーションを設定した他流試合の勝ち抜き戦だった。

 レジー・ベネットは純粋にプロレスが好きな純粋なプロレスラーだ。アメリカで流行っている“アルティメット”みたいなことをやってみようと思ったのは「ま、いいか」というわりと軽い気持ちからだった。

 相手の女性の顔をゲンコツでぶん殴らなければならないかもしれないし、そうじゃなかったら、こっちがボコボコにされるかもしれない。

 レジーねえさんは、子どものころ洪水で実家が流されて死にはぐったことがある。あのときの恐怖にくらべたら、たいていのことは笑ってすませておける。

 オランダの女子キックボクサー、イルマ・ネーホフはとんだダーティー・ファイターだった。“格闘技ゴロ”の悪名をはせるジェラルド・ゴルドーがどこぞから連れてきた前歴不詳の格闘家だけあって、瞳の奥のほうになにか得体のしれない冷たいものが潜んでいるのがすぐにわかった。

 レジーねえさんがマウント・ポジションをとると、ネーホフは下から胸のあたりの肉に噛みついてきたり、親指の先を目に突っ込んできたりした。

「ふーん、こういう感じなのか」レジーねえさんは、妙に冷静になって下になっているビッチの顔をのぞき込んだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)