ショートカットの女性は口説きにくい!? 女性の髪型にみる深層心理<カリスマ男の娘・大島薫>

ショートカットの女性は口説きにくい!? 女性の髪型にみる深層心理<カリスマ男の娘・大島薫>

「BASSA」の江川店長と著者

見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

髪型だけで異性の興味を意のままにできるとしたらどうだろうか。

「似合わせカット」という言葉をご存じだろうか。美容業界で顔立ちや服装、骨格などからその人に一番似合う髪型を提案する技術のことだ。

「日本国内で似合わせカットを謳う美容室はたくさんありますが、実際にしっかりとした似合わせの技術を持った美容室は5%にも満たないんです」

 そう語るのは高田馬場にある美容室「BASSA」の江川店長だ。ボクとBASSAさんの出会いは、多忙によって手入れが行き届かず傷んでいた髪の毛を見直すため、少し高級感のある美容室を探していたことがきっかけだ。

 担当した美容師の女性が、やたらと細かいカウンセリングを行っており、終わった後にまるでこちらが1から10まで指示したかのように、望むヘアースタイルを言い当ててきた。後にそれが似合わせカットという技術だと知ったボクは、少し意地悪な質問をその女性にしてみることにした。

「じゃあ、漠然と『モテる髪型にしてください』なんて注文もできるんですか?」

 すると、女性は「モテる髪型というのはできませんが……」と言ったあと、こんなことを言ったのだ。

「でも、『こういう人にモテる髪型にしてください』というオーダーならできますよ」

 なんと、それはすごい! そんな衝撃から、自分が作家業をやっていることを告げ、この度思わずBASSAさんへ似合わせカット及び、モテる髪型について取材をするに至った。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)