“天上人レスラー”になったブル中野――フミ斎藤のプロレス読本#135[ガールズはガールズ編エピソード5]

“天上人レスラー”になったブル中野――フミ斎藤のプロレス読本#135[ガールズはガールズ編エピソード5]

『フミ斎藤のプロレス読本』#135 ガールズはガールズ編5は、“赤いベルト”をアジャ・コングに明け渡し“天上人”となったブル中野のこれから(Photo Credit:Fumi Saito)

 199×年

 天上人と書いて“テンジョービト”と読む。天上は空の上、この上もないこと、物事の至りきわまること。ブル中野をこう呼んでいるのはアジャ・コングである。

 ブル様とアジャは“赤いベルト”を争った仲だ。女子プロレスというジャンルをちょっとでも知っている人だったら“赤いベルト”がどういうものであるかはちゃんとわかっている。

 女子プロレス界のピラミッドはほんとうにわかりやすい構造になっている。かんたんにいえば、赤いチャンピオンベルトを持っているレスラーがナンバーワン。だれもが認める厳然たる事実、というやつである。

 一番。横綱。トップ。“赤いベルト”にはこういう形容詞がすべてあてはまる。天下を盗りたかったら、ベルトを盗りにいくしかない。アジャは、ブル様の腰に巻かれていた赤いベルトを腕ずくでひっぺがした。

 ブル様に勝ったその日から、アジャは自分のサインのよこに“WWWA世界C”と書き加えるようになった。アジャは名実ともに女子プロレスの頂点にかけ上がった。

 ふつうだったら、ここで物語は終わる。敗れた前チャンピオンは静かにリングを去り、新チャンピオンの時代がはじまる。めでたし、めでたし、というぐあいにだ。

 でも、じっさいはそうはならなかった。ブル様はリングに残った。リングに残って、ほかのみんなからはちょっと離れて、純粋にプロレスだけをつづけることを望んだ。

 だれと競争するわけではなく、追いこすことも追いこされることもない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)