千原ジュニア「また僕の新しい芸人人生が始まるような気がする」――足かけ7年、便所本シリーズを振り返る

千原ジュニア「また僕の新しい芸人人生が始まるような気がする」――足かけ7年、便所本シリーズを振り返る

千原ジュニア「また僕の新しい芸人人生が始まるような気がする」――足かけ7年、便所本シリーズを振り返るの画像

 週刊SPA!誌上で『すなわち、便所は宇宙である』というタイトルで丸7年、それを単行本化して6冊。千原ジュニアによる便所本シリーズの最終巻が20日に上梓される。そんな最新刊の発売を記念して、今までの便所本シリーズを本人に振り返ってもらった。

――足かけ7年、今回のシリーズ6冊目の単行本で大団円を迎えたわけですが。

千原ジュニア(以下、ジュニア):我ながらよく続いたなあと改めて思いますね。これだけ長くやっていると僕の状況もいろいろと変化しました。そして思うことは、結局自分が自分を誘導しているような部分があるというか。

――と言いますと?

ジュニア:例えば、僕は一昨年結婚しました。もちろん奥さんのことが好きで結婚しましたが、理由はそれだけではないような気がします。少し語弊があるかもしれませんが、「何か変えなきゃ」という芸人の防衛本能から結婚したのかもしれません。もっと過去にさかのぼれば、僕は15歳のとき自宅の部屋に引きこもっていました。これだって変な話ですが、吉本に入れてもらうために引きこもっていたのかもしれません。というのも、僕が引きこもっていたのを見かねたせいじが、僕を吉本に誘ってくれたからです。もし嫌々でも僕が学校に通っていたら、せいじは吉本に誘っていなかったでしょう。また、僕はバイク事故で生死の境をさまよいました。これも「急に出てきたタクシーを避けて事故った」という話をいろんなところでしてきましたが、よくよく考えると自分で勝手に突っ込んでいったのかもしれません。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)