キャバクラで起きたことは誰にも言わないことが肝心[コラムニスト木村和久]

キャバクラで起きたことは誰にも言わないことが肝心[コラムニスト木村和久]

キャバクラで起きたことは誰にも言わないことが肝心[コラムニスト木村和久]の画像

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その187 ―

 最近、酒の席で暴力事件が起きましたねってビール瓶で人の頭を殴ってはいけません。とにかく偉い人と喋っているときは、スマホをいじらないことです。これだけは守りましょう。あとお酒を飲むときは、瓶ビールは頼まない。小ジョッキでこじんまり飲み、見えるところに凶器を置かないようにしますか。冗談はこれぐらいにして、本題です。

 というわけで酒の席、あるいは女性が接客するような店、俗に言われているキャバクラではいろんなドラマや事件や揉め事が起こりがちです。

 暴力はもってのほかですが、男女間のトラブルでは無理やり酔わせてどうのみたいなことはよくある話です。

 多くは女性が被害者となりますが、ホステスですから俗に言う「色恋営業」。一般的に言うと「色仕掛け」でアプローチしてくるわけです。この「思わせぶり」は女性の目線で言えば「やらずぼったくり」という戦法となり、男性目線では「色と金の物々交換」という商取引と思うわけです。

 エサはなんでもいいです。「バッグを買ってあげる」「旅行に連れて行く」あるいは「就職先を紹介してくれる」みたいな混みいった案件も受け入れる場合があります。

 その報酬というと語弊がありますが、男性側としてはさせていただくというのが、ご褒美となっています。ですが、ここでいろんな思惑が交錯し「はいはい、バッグ買って来たよ、じゃパンツ脱いでね」と事はスムーズに進まないのです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)