「宿題やった?」と子供に聞いてはいけない 平均偏差値62.5・高学歴芸人ロザンが説く “身の丈にあった勉強法”とは

「宿題やった?」と子供に聞いてはいけない 平均偏差値62.5・高学歴芸人ロザンが説く “身の丈にあった勉強法”とは

「宿題やった?」と子供に聞いてはいけない 平均偏差値62.5・高学歴芸人ロザンが説く “身の丈にあった勉強法”とはの画像

 ロザンと言えば、京都大学卒業でツッコミ担当の宇治原史規と、大阪府立大学中退でボケ担当の菅広文で構成される平均偏差値62.5(※)の高学歴お笑いコンビだ。

 実は彼ら、お笑いライブやクイズ番組を中心としたテレビ番組の出演以外に、予備校などでの講演会の仕事もしていることをご存知だろうか。それもそのはず、実は、菅は約10年ほど前から教育関連本のベストセラー作家でもあるのだ。

 2008年に刊行された小説『京大芸人』を皮切りに、『京大少年』(2009年)、『京大芸人式日本史』(2014年)と、菅はこれまで3冊の教育に関連する書籍を刊行。累計26万部のベストセラーとなっている。

 ロザンの教育本はなぜウケるのか。それは、彼の本には従来の教育本にはない独自の勉強法が詰め込まれているからだ。

 そこで今回、二人の勉強法のエッセンスをまとめた新刊『身の丈にあった勉強法』(幻冬舎)を刊行した菅と、宇治原の2人に受験勉強のコツから、社会人になってからの受験勉強の活かし方まで、素朴な疑問をぶつけてみた。

◆ロザンはなぜ国語を重要視するのか

――菅さんは小説『京大芸人』『京大少年』などの著作で、累計28万部超えるベストセラー作家という一面はあまり知られていません。今回の本も受験勉強にかんすることを書かれたのでしょうか。

菅広文(菅):そうですね。もともと僕らは予備校などで講演会をやらせてもらう機会が多いんですけど、そこで話してきたことや質疑応答であった話をうまく一冊の本にまとめられないかなと思ったのがきっかけです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)