メドゥーサと“アランドラ・ブレイズ”――フミ斎藤のプロレス読本#136[ガールズはガールズ編エピソード6]

メドゥーサと“アランドラ・ブレイズ”――フミ斎藤のプロレス読本#136[ガールズはガールズ編エピソード6]

『フミ斎藤のプロレス読本』#136 ガールズはガールズ編エピソード6は、メジャーリーグWWEでアランドラ・ブレイズに改名したメドゥーサの業(ごう)のおはなし(Photo Courtesy of Madusa)

 199X年

 ものすごい“業(ごう)”の持ち主としか形容のしようがない人物がごくまれにいる。業とは(仏教で)現在の環境を決定し、未来の運命を定めるものとしての善悪の行為、行動。

 広辞苑には[(1)行為。行動。心や言語のはたらきを含める。善悪の業は因果の道理によってのちに必ずその結果を生むというのが仏教およびインドの多くの宗教の説。(2)業(ぎょう)の果報]なんて出ている。

 精神世界の単語でいうと、すごいカルマを持った人ということになるのかもしれない。わかりにくかったら“業突張(ごうつくばり)”の“業”でもいい。

 ごくまれな人物とはメドゥーサのことである。ミステリーといってしまえばたしかにミステリーだけれど、アメリカの女子プロレスはメドゥーサひとりを中心に動いている。メドゥーサが歩いたあとに道ができる、という感じなのである。

 正確には現在のリングネームはアランドラ・ブレイズ。WWE世界女子チャンピオン。チャンピオンではあるけれど、闘う相手がなかなかみつからない。

 なんでも世界一じゃないと気がすまないWWEは“レッスルマニア10”のメドゥーサの対戦相手としてブル中野を欲しがった。それはブル様が世界でいちばんグレードの高い女子プロレスラーだからだ。

 メドゥーサの強運はいまにはじまったことではない。そもそも、女優志願だった元保母さんがプロレスラーになったのは、それがハリウッドへの近道だと思ったからだった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)