ブルさん、オサム、シンザキーのニューヨーク物語――フミ斎藤のプロレス読本#137[ガールズはガールズ編エピソード7]

ブルさん、オサム、シンザキーのニューヨーク物語――フミ斎藤のプロレス読本#137[ガールズはガールズ編エピソード7]

『フミ斎藤のプロレス読本』#137 ガールズはガールズ編エピソード7は、ニューヨーク・ニューヨークで暮らす3人の日本人レスラー、ブル中野と新崎人生と西村修のストーリー(Photo Credit: Linda Roufa)

 199X年

 ニューヨーク・ニューヨーク!マンハッタンは世田谷区と同じくらいの大きさだって。そんなところに800万人Eight million peopleがぎっしり住んでいる。

 ビッグシティーというのは、とにかく人口が多いことを指す。地図でみるとマンハッタンは南北が長くて、東西がわりと狭い。地下鉄があって、バスがあって、イエローキャブがたくさん走っている。

 夏はベトベト暑くて、冬は風が冷たい。空気はいつも悪い。

 ブル中野は、街じゅうが1年の終わりを祝福しているホリデー・シーズンに、ひとりでアパートメント探しをしていた。いままでお世話になっていたナッシュビルの家を出て、荷物を全部持ってニューヨークに飛んできた。

 ひとまず手ごろなホテルにチェックインして、そこに何日間か泊まって、そのあいだに友だちに会ったりお買い物をしたりして、そのうちアパートもみつかればラッキー。だいたいそんな計画だった。

 マンハッタンでは青い空なんてなかなかみられない。いつもどんよりと霧がかかったようになっている。乾燥したビル風が顔にピリピリくるのに、道路はどことなく湿っている。

 北に向かって立つと、上下がアベニューAvenueで、左右がストリートStreetだ。セントラルパークが街のまんなかでいばっている。あんまり北に行き過ぎちゃうとハーレムだ。

 ニューヨークを好きになってしまう感覚は、街で遊ぶことに本気になっちゃう衝動と似ているかもしれない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)