黒染め強要された大阪の女子高生は、歴史を前進させる戦いに挑んでいる――鴻上尚史

黒染め強要された大阪の女子高生は、歴史を前進させる戦いに挑んでいる――鴻上尚史

黒染め強要された大阪の女子高生は、歴史を前進させる戦いに挑んでいる――鴻上尚史の画像

― 週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

 忘れらない写真があります。一人の緊張した顔の若い黒人女性の周りで、ニタニタと白人達が笑っている写真です。

 女性の名前はドロシー・カウント。15歳。1957年9月4日。ノースカロライナ州のハーディング高校の入学式の風景です。

 彼女はアメリカ史上、最初の高校生になった黒人女性でした。

 可愛い孫娘のために、祖母は何日も徹夜して晴れの入学式で着る素敵なドレスを縫い上げてくれたといいます。しかし、このドレスの背中は、学校に来るまでの間に、たくさんの唾や腐った食べ物、石などで汚れていました。黒人差別が当たり前の時代でした。

 それでも彼女は登校しました。次の日も、次の日も。

 唾を吐き駆けたのは女性達です。男性達は小石や腐った食べ物を投げました。

 けれど、学校のロッカーは壊され、自宅にも嫌がらせや脅迫電話があり、身の危険を感じるようになりました。

 学校側の要請もあって、結局、4日間、登校しただけで退学し、引っ越しせざるをえませんでした。

 入学式で写っているドロシーは、意志の強い顔をしています。周りのニヤニヤと笑っている同級生達とはまったく違う、知性と目の力を感じます。

 この写真のことを思い出したのは、大阪のニュースを聞いたからです。

 ネットではかなり有名になりましたが、大阪の府立高校に通う高校3年の女子生徒が生まれつき髪が茶色なのに、校則を理由に黒く染めるよう強要されて不登校になったとして、慰謝料など損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)