海外出張先で不倫する社員が続々と発覚――殺人事件も発生する事態に

海外出張先で不倫する社員が続々と発覚――殺人事件も発生する事態に

海外出張先で不倫する社員が続々と発覚――殺人事件も発生する事態にの画像

 大企業の不正やミスが次々と発覚している昨今。その隠蔽メカニズムを探るべく、SPA!は匿名の告発者を調査し、実情に迫った。

◆不倫が原因で出張先の海外で殺人事件が発生

 不倫や浮気はわざわざ会社が発表するまでもないことだが、殺人事件が起きたとなれば話は別だ。出張先の欧州某国で「不倫が原因の殺人事件が起きた」と告発するのは、金属工場勤務のEさん。

「出張先なのをいいことに同僚が“現地妻”と不倫を重ねてたんです。ところが相手の旦那が浮気に気づいて逆上。奥さんを刺し殺してしまったんです。単身赴任で浮気する社員は多く、他人事じゃないとぞっとしていましたね」

 異国の地で起きた事件だけに、本社からの介入も早かった。

「一歩間違えば国際問題ですからね。結局、その社員は帰国させられ、自主退職させられました。表沙汰になれば会社名も報道されるでしょうし、取引先から契約を打ち切られかねないので」

 大手電機メーカーに勤めるMさんも、出張先での不倫が常態化していたと語る。

「先輩にシンガポールの風俗に連れていってもらったのですが、帰国してから奥さんが会社に電話をかけてきた。僕も上司から事情聴取を受けて、それがキッカケで部内の浮気が続々発覚。あまりの数に上司も焦ったのか、皆で口裏を合わせて、奥さんにもよその部署にも隠すことになりました」

 なんとも恥ずかしい隠蔽だが、これも海外だから隠し通せるという甘さが生んだ悲劇だ。

― [我が社の隠蔽]バラします ―

続きは日刊SPA!で

1

関連記事(外部サイト)