「HKT48 6フェス 〜LOVE&PEACE!Rock周年だよ人生は…〜」最終公演レポ。研究生全員が昇格に新章幕開けを感じた

「HKT48 6フェス 〜LOVE&PEACE!Rock周年だよ人生は…〜」最終公演レポ。研究生全員が昇格に新章幕開けを感じた

「HKT48 6フェス 〜LOVE&PEACE!Rock周年だよ人生は…〜」最終公演レポ。研究生全員が昇格に新章幕開けを感じたの画像

 HKT48が、劇場公演スタート6周年を記念して「HKT48 6フェス 〜LOVE&PEACE!Rock周年だよ人生は…〜」を開催。11月24〜26日の3日間にわたり、ホームグラウンド・HKT48劇場(博多天神・西鉄ホール)にて、大々的に行なった。

 最終日の11月26日といえば、6年前に彼女たちが公演デビューした日。これにちなみ、昼には1期生による「手をつなぎながら」公演が実現。6年前と同じ演目でファンと思い出に浸り、夜公演へとつなぐ。1期生から4期生まで、計48名のメンバーで送るイベント最終公演。彼女たちは、丸6年の集大成をどのように見せてくれたのだろうか。

 本編は、全メンバー出演の「ロックだよ、人生は…」からスタート。HKT48らしい若さと元気に溢れるパフォーマンスで魅了し、会場のボルテージを上げた。続いて、1期生が登場。「スカート、ひらり」で貫禄を見せつけると、2期生の「前しか向かねぇ」、3期生の「青臭いロック」と、順にバトンを繋いだ。そして、ドラフト生、4期生、指原莉乃による「マジスカロックンロール」へ。奇しくも新鮮な組み合わせで“ロック”なオープニングを締めくくった。ちなみに、1期生の衣装は6年前のお披露目のときに着ていたもの。MCでは「恥ずかしい」という声も漏れていたが、ファンはヴィジュアル面からも成長を実感できただろう。また、指原は「7周年は専用劇場で迎えられるように頑張りましょう!」と一喝! メンバーからも観客からも大きな賛同の声が上がっていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)