ISIS×フィリピン国軍による銃撃戦後の生々しい傷跡<現地レポート>

ISIS×フィリピン国軍による銃撃戦後の生々しい傷跡<現地レポート>

警戒に当たる兵士たち

 “ISIS” とスプレー書きされたシャッターは無数の銃弾にえぐられていた。警戒に当たる兵士以外は人の気配がまったくない。――11月21日、フィリピンのTV局取材班に協力を得た私は、彼らと行動を共にしていた。軍と報道のコンボイが車列をなし、今回の戦闘でメインバトルエリアとなった市街地を走る。

 私は、車窓から瓦礫と化した町を眺めていた。弾痕だらけで黒く煤けた壁、無様にひっくり返りひしゃげた金属の塊となった車、ボロボロの柱だけが残った建物の残骸。多数の建物の上階部分が吹き飛んでいるのは空爆のためだろうか。

 当初ドゥテルテ大統領が攻撃を控えていたモスクでさえ、おそらく数千、いや数万発の弾丸により壁という壁がえぐられていた。屋根には砲弾による穴が開いている。

 5か月に渡る戦闘が、そこに錆と苔と雑草の荒廃した世界を作り上げていたのだった。

 これがフィリピン国軍とISIS MAUTE(アイスィス マウテ ※彼らがそのように自称していたので、本記事ではISIS MAUTEと表記する)の激しい戦闘が繰り広げられたマラウィ市、メインバトルエリアの姿だ。メインバトルエリアとは、おおよそ1km四方の市街地で、その南側はラナオ湖に面している。

 10月23日に国防長官により戦闘終了が宣言された。安全が確認されている地域では避難住民の帰還が始まっている。しかし、メインバトルエリアに住民が戻るのはずっと先になりそうだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)