ミシュランで星を獲得したタイの大衆食堂が「星を返上したい」と漏らした理由

ミシュランで星を獲得したタイの大衆食堂が「星を返上したい」と漏らした理由

休むことなく調理を続ける店主ジェイファイさん

 仏ミシュランが、2017年12月に発表したタイ初のレストラン格付けガイドブック『ミシュランガイドバンコク2018』。ミシュランガイドがアジアで発売されたのは2007年の日本が初で、東南アジアでは2016年のシンガポールに続きタイが2か国目だ。

 ミシュランガイドバンコク2018で星3つに選ばれたレストランは0軒。星2つを獲得したのは「Asia’s 50 Best Restaurants」でナンバーワンに選ばれた『Gaggan(ガガン)』、フレンチレストランの『Le Normandie(ル・ノマンディ)』、同じくフレンチの『Mezzaluna(メッツァルーナ)』の3店舗。

 星1つが14店舗で、バンコクでは合計17店舗のレストランが星を獲得した。高級店と言われるフレンチや寿司、イタリアン、タイ料理店が並ぶ中、17店舗中もっとも注目されたのは一軒の食堂だった。

◆タイ食堂とはいえメニューの価格は高級レストランより上

 2016年に発表されたミシュランガイドシンガポールで特に話題となったのは、星を獲得した屋台「香港油鶏飯麺」と「吊橋頭大華猪肉麺」の2軒だ。ミシュランガイドで格安店の選出は初めてとあり、発表後は3時間待ちの行列ができたほど注目を集めた。

 今年のミシュランガイドは、シンガポールに負けない屋台文化を持つタイだ。バンコクでミシュランの星をつかむ屋台や格安店があるのか。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)