死者5名の大宮風俗店火災。献花台で手を合わせる男性利用者たち「地元では貴重な名店だった」

死者5名の大宮風俗店火災。献花台で手を合わせる男性利用者たち「地元では貴重な名店だった」

死者5名の大宮風俗店火災。献花台で手を合わせる男性利用者たち「地元では貴重な名店だった」の画像

 年の瀬が迫る12月17日、日曜日の夕方。埼玉県さいたま市の大宮駅前近く“北銀”ソープ街の一角で火災が発生した。3階建てのソープランド「Kawaii大宮店」は全焼し、女性従業員や男性客5名が死亡。7人が軽症の惨事となった。

 日刊SPA!取材班が先日現場に足を運んだところ、辺りはいまだに焦げた臭いが立ちこめ、そばの駐車場には警察車両や消防関係者が鎮座していた。火災の原因を調査しているのだろう。店が入っていた建物はブルーシートで覆われており、その隙間から鑑識とおぼしき人たちが慌ただしく出入りをしている。入り口には献花台が置かれ、花や飲み物が。

 現時点で火災の原因は判明していない。周辺は20軒ほどのソープ店が立ち並ぶ、古い建物の多いエリアだけに、火災の対策が十分ではなかった可能性もあろうだろう。看板だけが残ったこのソープ店はいったいどんな店だったのだろうか。

◆「次の休みには遊びに行こうと思っていました」

「Kawaii大宮店」に通っていた男性(43才、会社員)に話を聞くことができた。月に1度、給料が出た後にここで遊ぶのが楽しみだったと言う。

「火事があった日はいく予定がなかったのですが、その次の休みには遊びに行こうと思っていました。それだけに自分は運が良かったとも思うのですが、亡くなった女のコやお客さんのことを思うと胸が苦しくなります。亡くなったお客さんなんて、時期的にボーナスが支給されたばっかりで、ひとときの楽しみを求めてお店に行ったんじゃないかな。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)