ニュースは「偏り」前提、それを踏まえて判断するのが重要――荻上チキ×プチ鹿島 対談

ニュースは「偏り」前提、それを踏まえて判断するのが重要――荻上チキ×プチ鹿島 対談

プチ鹿島×荻上チキ

 あるニュースを新聞が書いても書かなくても、ネットで「偏向報道」だと言われる昨今。そのなかで『すべての新聞は「偏って」いる』を著した荻上チキ氏は、今年の新聞報道をどう分析するのだろうか――。

◆ニュースは「偏り」を前提にして読む!

『すべての新聞は「偏って」いる』を上梓した荻上氏。一方、「時事芸人」として知られるプチ鹿島氏も新聞をキャラ付けして楽しむ『芸人式新聞の読み方』を提唱している。アプローチは違えども、ともに、「ニュースにはバイアスがあるのが前提」と指摘する――

荻上:新聞の見方をどう提示するかもひとつの芸で、僕は数字を出すスタイル。鹿島さんは各新聞の立ち位置を明確にするために、擬人化をしていますよね。朝日はインテリおじさんで毎日は書生肌のおじさんで、産経は和服の小言おじさんというように。

鹿島:M-1の審査員じゃないですけど、新聞も「どっちが好き、どっちが嫌い」ってなっちゃうじゃないですか。

荻上:和牛がよかったのに!とか。

鹿島:新聞を好き嫌いで語るとガチンコの言葉の投げつけになってしまう。それを回避するためのキャラ設定をしようと。新聞は「自分が正義だ!」と主張し合っているおじさんで、どっちが正しいという話ではない。例えば、朝日おじさんは産経おじさんにどんだけ絡まれてもツーンとしてる。

荻上:朝日おじさんは、政治家のほうをよく見てますよね(笑)。

鹿島:似てると思われている読売おじさんと産経おじさんだって、違っているわけです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)