郷ひろみワールド全開! 登美丘高校ダンス部とコラボでNHKホールに一夜限りのバブルを巻き起こす

郷ひろみワールド全開! 登美丘高校ダンス部とコラボでNHKホールに一夜限りのバブルを巻き起こす

郷ひろみワールド全開! 登美丘高校ダンス部とコラボでNHKホールに一夜限りのバブルを巻き起こすの画像

 大晦日に行われる「第68回紅白歌合戦」のリハーサルが、29日から東京・渋谷のNHKホールで行われている。リハでは要点だけ抑えつつ力を温存するアーティストも少なくないが、そんな中で今年62歳となったレジェンドが本番さながらの熱い熱いパフォーマンスを披露した。30回目の出場となる郷ひろみだ。

 郷は今年バブリーダンスで話題となった大阪府立登美丘高校ダンス部とコラボ。一夜限りの『2億4千万の瞳〜GO!GO!バブルリミックス〜』を全国のお茶の間に届ける。「熱いステージにしたい」と気合十分だ。

 これは本当にリハなのか――。そう感じさせるほどのアッチッチな30分間だった。バブル時代を彷彿とさせる衣装に身を包んだ50人の高校生をバックに郷が躍動。とても60代とは思えないキレキレのターンも披露し、仕上がりの良さを感じさせた。普段からダンスのキレには定評のある郷だが、高校生とのコラボでそのパフォーマンスは益々加速しているようだ。

「僕以上にキレのある素晴らしいダンスなので、彼女たちのスピード感に(影響を受けて)僕自身もより一層高ぶっていますよ。1年の締め括りに相応しい、最高のステージになる予感がしています」

 ダンスのフォーメーション確認の際には「僕、前に出るときここを通って大丈夫? 皆さんのダンスの邪魔になってないかな?」と声をかける場面も。自分より40歳以上も若い高校生が相手であっても決して気遣いを忘れない、郷らしい一面が垣間見えたシーンだった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)