多摩大ミスコンが濡れ場初挑戦で漏らした本音「現実から逃げたくなったことも…」

多摩大ミスコンが濡れ場初挑戦で漏らした本音「現実から逃げたくなったことも…」

多摩大ミスコンが濡れ場初挑戦で漏らした本音「現実から逃げたくなったことも…」の画像

 かつてAV女優と業界を取り巻くひとたちは謎に包まれていた。だが、昨今ではSNSやブログを通じて本音や素顔をさらけ出す女優も少なくない。2016年にはAV出演強要が明るみに出るなど、社会問題として取り沙汰されることも増えた。しかし、なにが本当でなにが嘘なのか。

 ノンフィクションライターの中村淳彦氏が彼女たちの本音に迫り、2002年に発売されて以降、人気シリーズとなった『名前のない女たち』。同作の最新刊「貧困AV嬢の独白」を映画化した『名前のない女たち うそつき女』。監督を務めているのはサトウトシキ氏。“ピンク四天王”のひとりと呼ばれるだけに、公開前からハードな濡れ場が注目を集めているが……。

 今回、AV女優の葉菜子役に挑戦するのは城アンティアさん。現在は26歳。16歳の頃からタレント養成所で学び、19歳からモデル活動を開始。多摩大学に在学時は、ミスコンの初代グランプリに輝いた経験もある。昨年はミスユニバース2017長崎大会のファイナリストにも選ばれた。女優として演技をはじめたのは舞台を含めると3年前。そんな彼女が葉菜子として脱ぐまでに至った理由とは?

◆濡れ場初挑戦に「現実から逃げたくもなった」

「最初に事務所からお話を頂いたときは正直迷いましたが、『ぜひやらせて頂きたい』と答えました。濡れ場があることは知っていましたが、勢いでした。とはいえ、いざ決まってしまったらうれしい反面、本当にできるのかどうか迷いも出てきて。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)