SKE48 10周年の幕開け! 腹筋崩壊のトーク&怒涛のパフォーマンスに湧いた年末の大忘年会&カウントダウン公演レポ

SKE48 10周年の幕開け! 腹筋崩壊のトーク&怒涛のパフォーマンスに湧いた年末の大忘年会&カウントダウン公演レポ

SKE48 10周年の幕開け! 腹筋崩壊のトーク&怒涛のパフォーマンスに湧いた年末の大忘年会&カウントダウン公演レポの画像

SKE48が、’15年から行なっているカウントダウン公演を開催。3度目となる今回も、「SKE48 忘れられない大忘年会2017」&「SKE48 カウントダウン公演2017→2018」の2本立てでファンと触れ合った。

 昼に行われた「SKE48 忘れられない大忘年会2017」には、高校生以下のメンバーと山田樹奈が出演。山田と江籠裕奈による司会のもと、各メンバーが’17年の良かったこと・悪かったことを振り返った。

 菅原茉椰は、’17年の良かったこと・悪かったことを発表するフリップにぎっしり記入しプレゼン。毎月良かったことがあったと明かしたが、その一方で「(テレビ番組で)高塚夏生さんと相撲対決をして、2回も負けちゃって」と吐露する一幕も。わざわざジャージを履いてリベンジマッチに臨むも、瞬殺されてしまうというドタバタを繰り広げた。

 北川愛乃は、チームS昇格のほか「(卒業生の)大矢真那さんから『よこヌンチャク』という技をいただけました」と喜び、その場で披露。ツインテールにした髪を掴み、ヌンチャクのように振り回すと、隣にいた末永桜花も「実は私も、真那さんに『おーちゃんプロペラ』を……」と、ツインテールをつかみ後に続いた。大矢の置き土産は、忘年会でもインパクト大。思わぬ“余興”に、観客からは拍手が沸き起こった。その後も、「間違えて剃り落としちゃった左の眉毛だけ生えてこない」(竹内彩姫)、「(人よりボリュームのある)もみあげをイジられた」(北野瑠華)といったトピックが続々。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)