佐藤江梨子、ほしのあきは今なにしてる? 休業の原幹恵ほか、2000年代グラドルたちの現在

佐藤江梨子、ほしのあきは今なにしてる? 休業の原幹恵ほか、2000年代グラドルたちの現在

オフィシャルブログより

 グラビアアイドルとしても人気を博した女優でタレントの原幹恵が、1月末をもって芸能活動を休止した。昨夏に通算11冊目となる写真集『my treasure』(ワニブック)で、進化するグラマラスボディと新たな色気を見せつけ、30代でのグラビア活動に期待も寄せられていただけに、男性ファンからは驚きの声も上がった。

 雑誌やテレビで華やかな活躍を見せるグラドルたちの引退とその後。本記事では主に2000年代に活躍した少し懐かしいグラドルたちのいまを紹介していこう。

◆佐藤江梨子

 1998年から2013年まで単独名義の写真集は15冊以上、サトエリの愛称でも知られる佐藤江梨子は、イエローキャブ軍団として小池栄子やMEGUMIらとグラビアを席巻した。

 『キューティーハニー』(’04年)や『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(’07年)で主演も務めるなど、女優として活躍の場を広げ、2015年2月から現在まで俳優・女優が多く在籍するノックアウトに所属している。

 2015年1月にはブラジル人一般人男性との結婚および妊娠を、現在も更新されているオフィシャルブログで発表。出産後は2016年の昼ドラマ『嵐の涙〜私たちに明日はある〜』(フジテレビ)の主演で女優復帰を果たした。今年5月には水城千佐都役を務めた東野圭吾のミステリー小説が原作の映画『ラプラスの魔女』の公開も控えている。

◆小坂由佳(有花)

 2004年ミスマガジングランプリを獲得し芸能界デビューした小阪由佳は、長身長脚の黄金比ともいわれたスタイルなどで男性ファンの心を掴んだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)