マイケル・ジャクソンに性的虐待されたと新証言が。たとえば星野源ならどう見るか?

マイケル・ジャクソンに性的虐待されたと新証言が。たとえば星野源ならどう見るか?

『Leaving Neverland』予告動画より

“キング・オブ・ポップ”こと、故マイケル・ジャクソン(1958-2009)の性的虐待疑惑が、ここへきて再燃している。イギリスのチャンネル4で3月6日と7日(現地時間)に放送予定のドキュメンタリー映画『Leaving Neverland』に、マイケルの所有する牧場で虐待を受けたとするいくつかの新証言が含まれているのだ。

 これを受け、イギリスのラジオ局「BBC Radio 2」はマイケルの曲の放送停止を決定した。BBCは「諸事情を考慮の上」と回答しているが、映画の公開が理由だと考えて間違いないだろう。

 一体、『Leaving Neverland』では何が新たに語られているのだろうか? 

 イギリス『The Telegraph』の電子版が詳しく報じている。

◆男性2人の告発に、マイケルの遺族は「偽証だ」

 振付師のウェイド・ロブソン(36)は、かつて裁判でマイケルによる性的虐待はなかったと証言したひとり。だが、ロブソンによれば、7歳から30歳までの間、マイケルのために偽証をするよう強制されていたのだという。「ウソをついたのと同じぐらいの大きな声で、今回は真実を述べたい」と語り、過去の証言を覆す決意を表明している。

 もう一人のジェームズ・セーフチャック(41)は、当時を生々しく振り返る。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)