Instagramのストーリー発・バイトテロ事件が増えた理由/鴻上尚史

Instagramのストーリー発・バイトテロ事件が増えた理由/鴻上尚史

Instagramのストーリー発・バイトテロ事件が増えた理由/鴻上尚史の画像

― 連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

◆承認欲求のお手軽な充足ともったいない「特定班」の能力

 どうして急に、おでんを口にして吐き出したり、調理中の生魚をごみ箱に捨てて戻したり、値段シールを顔に貼り付けたりという「バイトテロ」というか「バカッター」事件が、今頃になって多発しているのかと思ったら、インスタグラムのストーリー機能を使ったものがほとんどでした。

 なので、厳密な意味では「バカッター」事件ではなく、「ストーリー発バカッター化」事件になるわけです。

 二つの意味で、今回、増えたのだと思います。

 ひとつは、もちろん、「ストーリーは24時間で消える」という理由です。

 ネットに上げたらマズいと分かっていても、24時間で消えるのなら、なんとかなるんじゃないかと思ったんでしょう。

 もうひとつは、「ストーリー機能」という「ニューメディア」への好奇心です。

 数年前の「バカッター」事件も、間違いなく、ツイッターという新しいメディアへの好奇心が引き起こしました。

 逆に言うと、多くの人の好奇心を強烈に刺激するようなニューメディアでなければ消えていくということでしょう。

 しかし、いくら24時間で消えるとしても、危ないという「想像力」は働かなかったのかと、残念に思います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)