「パパの仕事って違憲なの?」 自衛隊は学校でどう教えられているか

「パパの仕事って違憲なの?」 自衛隊は学校でどう教えられているか

「東日本大震災」陸上自衛隊twitterより

「自衛隊ができない100のこと 51」

◆終戦後、「非難と誹謗」が前提だった職業

 国を守り、治安を維持する軍と警察は「我が国以外の国では」基本的に尊敬の対象です。例えば、アメリカ大統領であったジミー・カーターはアナポリス海軍兵学校出身で、潜水艦乗組員として勤務した経験があり、“ジミー・カーター (USS Jimmy Carter, SSN-23)”という潜水艦は彼の名から命名されています。アメリカの大統領選において、軍歴は「国の為に尽くした勇気ある者の証」として好意的に受け止められるのです。

 このように諸外国ではストレートに軍人の強さや勇気を褒め讃えることができますし、わが国も戦前まではそうでした。しかし、終戦後その状況は一変します。昭和32年の防衛大学第一期生に対する吉田茂首相(当時)の訓示は次のようなものでした。

「君たちは自衛隊在職中決して国民から感謝されたり、歓迎されたりすることなく自衛隊を終わるかも知れない。非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。ご苦労なことだと思う」

 自衛隊員には非難と誹謗が集まるであろうという感覚を時の首相自らが持っており、だからこそ自衛隊は「虐げられる存在である(が、どうかよろしく頼む)」と訓示を与え覚悟を求めたわけです。我が国は様々な差別を克服してきたはずですが、このような「非難と誹謗が前提」などという職業が他にあるでしょうか。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)