『AKB48 SH0W!』最終回直前。大場美奈と野間口徹が名物コント「妄想少女大場」を振り返る

『AKB48 SH0W!』最終回直前。大場美奈と野間口徹が名物コント「妄想少女大場」を振り返る

最終回収録から

3月24日、’13年10月に放送開始した『AKB48 SHOW!』(NHK BSプレミアム、日曜22時50分〜)が最終回を迎える。

 長年、AKB48グループを映してきた同番組。その放送初期に始まり、現在も続く名物コントが「妄想少女大場」だ。自分のことを“可愛すぎる”と認識するSKE48の大場美奈とマネージャー役を務める俳優・野間口徹が絶妙の掛け合いをみせ、人気となったこのコント。記念すべき最後の放送ラインナップに入ったと聞き、収録直後の大場美奈と野間口徹を直撃。ラストコントに参加した高柳明音と松村香織にも話を聞いた。

◆収録直後の大場美奈と野間口徹を直撃

???最後の収録お疲れさまです。このコント結局通算何回やったんですかね?

大場:えー、何回だろう。初期からやらせていただいたので、5年半で10回くらいやっているんですかね。よくネタがあったと思います。

高柳:(決めゼリフが)「本当に可愛くてすいません」だけで、こんなに話が書けるってすごいよね、単純に。

???収録を終えてみた感想は?

大場:昔のことはそこまで鮮明に覚えているわけではないですけど、自分のなかでも珍しく成長しているって実感できて。俳優さんとお芝居することが普段なかなかないから、ここでいかに野間口さんからいろんなことを学び試せるかっていう場がこのコントでした。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)