『相棒』シーズン17も最終回。視聴率ダントツを支える濃いキャラクターたち

『相棒』シーズン17も最終回。視聴率ダントツを支える濃いキャラクターたち

『相棒』シーズン17 公式サイト

いよいよ3月20日(水)に最終回を迎える人気刑事ドラマ『相棒』のシーズン17(テレビ朝日 最終回は20:00〜22:09の2時間スペシャル)。前回・19話までの平均視聴率は15%台と、民放ドラマのなかではダントツ状態が続いている。

 ここ2〜3週は内村刑事部長(片桐竜次)や小料理屋・花の里の2代目女将である月本幸子(鈴木杏樹)といったレギュラー陣が事件のキーパーソンを務め、物語を盛り上げていった。

◆実はキーマン、六角精児

 実はそんなレギュラー陣の面々の中には番組開始当初とは違った役柄で出演していた俳優がいる。そもそもこのドラマは2000年6月に当時の局の看板2時間サスペンスドラマ枠である『土曜ワイド劇場』で放送されたのがその第1弾で、ファン間では“プレ・シーズン”と呼ばれている、不定期放送のシリーズ作品であった。そんな2時間ドラマ時代から出演しているのが、六角精児である。

 六角といえば、シーズン14の最終回をもって警視庁刑事部鑑識課から警視庁警察学校の教官へと異動し、残念ながら現在は番組のレギュラー出演者から準レギュラーという立場に変わった米沢守を長きに渡って好演し、ファン間では根強い人気を誇っているが、実はこのプレ・シーズン1では米沢守役での出演ではなかった。なんとそのときの役柄は“監察医”役。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)